AGAは進行性の脱毛症です。その為にAGA治療というものがあり、現在では治療方法、治療薬が適切に受けられます。まず自分自身AGA治療が必要なのかどうか、このサイトを見て判断してみてはいかかでしょうか。

AGA治療が必要な人とは?

AGAはプロペシアと育毛剤を併用してこそ意義がある

AGA治療に於いて欠かす事ができないのがプロペシアと育毛剤です。両者を併用する事によってAGA治療の効果をアップさせる事ができるのですが、その理由はそれぞれに異なる役割があるからです。
まずプロペシアの役割についてですが、脱毛を予防するというのが主な役割とされています。まずAGAはテストステロンと5αリダクターゼと呼ばれる物質が結合する事によって発生するジヒドロテストステロンが問題となっています。ジヒドロテストステロンには脱毛作用がありますので、この物質の働きによって抜け毛の発生が加速して薄毛が促進されてしまうのです。
そこで活躍するのがプロペシアですが、服用する事でテストステロンと5αリダクターゼの結合を阻害する事ができますので、脱毛物質のジヒドロテストステロンの量が減少し、抜け毛を抑える事ができると言われています。それによって発毛し易い頭皮環境に導く事ができ、薄毛の解消になる事があるのです。
しかしながら発毛力には個体差がありますので、毛根の働きが弱っていたりすると発毛させる事は難しいとされています。そこで必要になるのが育毛剤です。発毛力を促進させる働きがありますので、毛根の活動を活発にして新たな髪の毛を育む為の力になってくれるのです。
因みに育毛剤だけを利用して対策をする場合ですと、ジヒドロテストステロンの存在によって発毛効果は低くなりますし、薄毛が進行していく可能性もあります。効果的なAGA治療にする為には脱毛を予防しながら発毛を促進する必要がありますので、その為にも両者を併用して対策をするのが理想的とされているのです。
実際にプロペシアと育毛剤を併用した事で発毛したというケースもあるようですので、薄毛対策の際には併用して対策をする事をお勧めします。